ICTが進む日々の暮らしの中で見聞きする情報は高齢者(予備軍)の身にはその処理能力を越えつつあるが、好奇心、アンテナの高さと感度を総動員して対応したいとの想いから “飛耳長目”としてこのコラムを設けました。

飛耳長目(ひじちょうもく) 飛耳長目(ひじちょうもく):  中国の春秋時代、斉の管仲(?~前645、法家の祖)が、遠くのことをよく聞き知ることのできる耳と、遠くのことをよく見ることのできる目を持つことを「飛耳長目」といったようだ。見聞を広め、物事を鋭敏に観察することの大切さを教えている。
 日本では幕末、情報の必要性を感じていた吉田松陰が松下村塾のモットーにし、塾生たちに見聞を広めることを勧めた。
 現代ではインターネットが飛耳長目の場でありツールであり、松陰たちの時代と較べると時空を越えて世界の情報を収集できるようになった。
 情報の海の中から有意の情報を見つけ、整理・体系化して活用することにより、時代の潮流を読み取り的確な判断に資することが求められている。

画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/吉田松陰

これまでのコラムは、アーカイブをご覧ください。
  • 外出自粛の報道関連に温度差

    2020年3月28日

    27日夕方の民放TVの国会予算委員会の映像で安倍明恵首相夫人の観桜の写真がSNSで炎上していると取上げられて安倍首相の苦々しい貌の答弁模様が映っていた。 NHKの関連ニュースではどうかと見ていたが今日までに放映されてはい […]

  • COVID-19感染者数の評価(真偽)を思う。

    2020年3月16日

    かつて(3.11大震災以降)このコラムで何度か数値の評価に関連して次のような事案を書いた。 ・2011.10.31 NHK報道への反応「食品の放射線汚染のサンプリング手法」 ・2014.05.20 再び数字の扱いについて […]

  • 続・退廃する政治家(COVID19で揺れる状況の中で)

    2020年2月29日

      11月24日にも「退廃する政治家・官僚」を記したがCOVID19で揺れる現在でも変わりなくむしろ際立っている。 一例を挙げれば・・・ ・新型コロナウイルス感染症対策本部会議(全閣僚がメンバー)に小泉環境相、 […]

  • その後のCOVID19感染の状況に思う

    2020年2月24日

    2月14日のコラムで「中国の失敗策から学べなかった日本のCOVID19」を記したがそれから10日が経過し、初動のつまずきのリカバリー対策は後手後手となり影響が広がりつつある。 特に問題なのは22日の夜に厚労省大臣のダイヤ […]

  • 中国の失敗策から学べなかった日本のCOVID19対策

    2020年2月14日

    新型コロナウイルス感染騒動に関してWHOも機能していないようで慣れない関西弁風に言えば「何を今更・・・命名(COVID19)してどうするんや、他にやることは無いいんか!」と言いたい最近の状況と言える。 メディアを賑わすニ […]

  • 地方紙の“談話室”に思う

    2020年2月2日

    欧州連合(EU)から英国の離脱協定承認を前に欧州委員長が述べた言葉を紹介していた。             その言葉「別れの苦しみの中でのみ、われわれは愛の深さを見つめるのだ」は19世紀の作家ジョージ・エリオットの言葉を […]