ICTが進む日々の暮らしの中で見聞きする情報は高齢者(予備軍)の身にはその処理能力を越えつつあるが、好奇心、アンテナの高さと感度を総動員して対応したいとの想いから “飛耳長目”としてこのコラムを設けました。

飛耳長目(ひじちょうもく) 飛耳長目(ひじちょうもく):  中国の春秋時代、斉の管仲(?~前645、法家の祖)が、遠くのことをよく聞き知ることのできる耳と、遠くのことをよく見ることのできる目を持つことを「飛耳長目」といったようだ。見聞を広め、物事を鋭敏に観察することの大切さを教えている。
 日本では幕末、情報の必要性を感じていた吉田松陰が松下村塾のモットーにし、塾生たちに見聞を広めることを勧めた。
 現代ではインターネットが飛耳長目の場でありツールであり、松陰たちの時代と較べると時空を越えて世界の情報を収集できるようになった。
 情報の海の中から有意の情報を見つけ、整理・体系化して活用することにより、時代の潮流を読み取り的確な判断に資することが求められている。

画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/吉田松陰

これまでのコラムは、アーカイブをご覧ください。
  • 4月7日に自粛の中の観桜(霞城城址公園)

    2021年4月10日

    昨年は閉門で見ることが出来なかった霞城城址公園に出向いてみた。 いつもは早めの午前中に出かけていたが今回は所用があり午後からとなった ことや昨年は観られなかったこともあってか多くの人手に驚きながらの約2時間の散策。 一方 […]

  • 再び数値の母数について:「人口十万人当たり」の感染確認者数

    2021年3月27日

    山形県にも緊急事態宣言がなされそのニュースで人口十万人当たりの感染確認者数が宮城県、沖縄県に続いて全国第3位と報じられた。「人口十万人当たり」の数値は久々の表現。 以前にもメディアで日々報じられる感染確認者数にこの「人口 […]

  • 他山の石、そして、空(くう)をそらと理解していた歌舞伎役者

    2021年3月24日

    「他山の石」はしばしば使われる言葉。 四書五経のひとつ「詩経」の記述に基づく故事で、「他人のつまらぬ言行、誤りや失敗なども自分を磨く助けになる」という意味で使われる。 2019年7月の参院選広島選挙区をめぐり、公職選挙法 […]

  • 東北忌十年

    2021年3月13日

    春先の日射しに誘われて近郊低山富神山に足慣らし。 この時節に登るのは初めてだがさすがに駐車場までの車道の法面は残雪が山の様。 登山道入口付近は雪が残り軽装では無理かなと思ったがその先は残雪も無く日差しは暖かくまずまず。 […]

  • やましんサロン(山形新聞1月21日付け)への投稿記事

    2021年1月23日

    当方が関わる「山形市福祉のまちづくり活動委員会の活動」について昨年12月7日、12月24日に記載したがこの度、山形新聞の「やましんサロン」に投稿したところ1月21日付けで添付の様な内容で掲載の運びとなった。 210121 […]

  • 県知事選、県議補選で思うこと

    2021年1月18日

    投票日は24日。 地方の首長や議員が職務を続けるのは3期で十分と思う。職務をビジネスでのプロジェクトと考えれば「PDCAサイクル」に似ている。 1期目4年はP(計画)期、2期目の4年はD(実行)期、3期目の4年はC(評価 […]