写真を長年続けてきた私が「遊縁の衆」で短歌を嗜むようになり、短歌も写真もそれぞれ創るプロセスに共通点があることに気付いた。
そしてこの二つを融合させたら面白いと考えて「情景を切り撮って詠う」ということを試行しながら【 写真短歌 】として紹介している。
そのメリットは相乗効果と補完効果に尽きると思うが、短歌を独立した作品とする場合はその推敲に工夫が必要とも言える。
写真短歌の中の短歌は写真の呪縛から如何に自由になれるかが課題と言えるが・・・。
それはそれとして、この写真短歌の広がりに淡い期待を持っているのも事実と言える。
作品は写真および短歌ともに自身が手掛けたもの「写真短歌-Ⅰ」と他者の写真に当方が短歌を添えた作品「写真短歌-Ⅱ」とします。ただし、何れも短歌が単独で「やましん歌壇」に掲載された作品とします。
写真短歌-Ⅰ:写真および短歌ともに自身が手がけたもの
写真短歌-Ⅱ:他者の写真に当方が短歌を添えて共同制作としたもの

  • 廃屋の狭庭の草花風に揺れ主の去りしを知るやしらずや

  • 亡き母の形見の日記に挿まれし彼岸の兄の記事の懐かし

  • 雪纏い墨絵の如き裸木に重ねて憶えり新緑紅葉

  • 寄贈せし己が冊子の納まりし書架の一隅舞台のごとし

  • サックスの音に誘われ公園を辿れば若者壁に向きおり

  • 山の路日の射す片方にハルジオン蝶と戯れ我を誘う

  • ひたすらに我癒されし「白い森」おぐにの秋の懐深し

  • 黄昏るる湖面に溶け込む秋の山墨絵にも似てこころ凪ぐ時

  • ハイカーの標(しるべ)ならんと咲き並び山路を誘うりんどうの群れ

  • 山もみじ夕影受けて色まさり映る湖面は合わせ鏡に