写真を長年続けてきた私が「遊縁の衆」で短歌を嗜むようになり、短歌も写真もそれぞれ創るプロセスに共通点があることに気付いた。
そしてこの二つを融合させたら面白いと考えて「情景を切り撮って詠う」ということを試行しながら【 写真短歌 】として紹介している。
そのメリットは相乗効果と補完効果に尽きると思うが、短歌を独立した作品とする場合はその推敲に工夫が必要とも言える。
写真短歌の中の短歌は写真の呪縛から如何に自由になれるかが課題と言えるが・・・。
それはそれとして、この写真短歌の広がりに淡い期待を持っているのも事実と言える。
写真短歌-Ⅰ:短歌が“やましん歌壇”に「短歌」の単独作品として選歌掲載されたもの
写真短歌-Ⅱ:学生時代から現在までの写真に短歌を付与して写真短歌とした中から気に入っている作品

  • 山の路日の射す片方にハルジオン蝶と戯れ我を誘う

  • ひたすらに我癒されし「白い森」おぐにの秋の懐深し

  • 黄昏るる湖面に溶け込む秋の山墨絵にも似てこころ凪ぐ時

  • ハイカーの標(しるべ)ならんと咲き並び山路を誘うりんどうの群れ

  • 山もみじ夕影受けて色まさり映る湖面は合わせ鏡に

  • 寺の秋茶会の前の挨拶は仏縁地縁の訛り溢れて

  • 風に乗り笛の音届く散歩道辿れば吹き手東屋に居り

  • 足元に蚊遣り焚きつつ登り窯の火入れ待ち居る窯主ひとり

  • 山あいのオープンガーデン風そよぐ鮮やぐ初夏を妻と頒てり

  • 銀竜草朽葉押し分け株立てり過客を癒す山の辺の道