ICTが進む日々の暮らしの中で見聞きする情報は高齢者(予備軍)の身にはその処理能力を越えつつあるが、好奇心、アンテナの高さと感度を総動員して対応したいとの想いから “飛耳長目”としてこのコラムを設けました。

飛耳長目(ひじちょうもく) 飛耳長目(ひじちょうもく):  中国の春秋時代、斉の管仲(?~前645、法家の祖)が、遠くのことをよく聞き知ることのできる耳と、遠くのことをよく見ることのできる目を持つことを「飛耳長目」といったようだ。見聞を広め、物事を鋭敏に観察することの大切さを教えている。
 日本では幕末、情報の必要性を感じていた吉田松陰が松下村塾のモットーにし、塾生たちに見聞を広めることを勧めた。
 現代ではインターネットが飛耳長目の場でありツールであり、松陰たちの時代と較べると時空を越えて世界の情報を収集できるようになった。
 情報の海の中から有意の情報を見つけ、整理・体系化して活用することにより、時代の潮流を読み取り的確な判断に資することが求められている。

画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/吉田松陰

これまでのコラムは、アーカイブをご覧ください。
  • 地方紙の記事掲載の規準(社説と小さい囲み記事)

    2019年10月19日

    今日の社説のテーマは「プロ野球ドラフト指名 県勢3人の活躍に期待」。                     一方、囲み記事「気炎」のテーマは「軽減税率のコスト」。 スポーツに関心が強い読者にとってはドラフトも気になるだ […]

  • 大石田町議選 定数割れ危機

    サブ見出しは「3回連続無投票も現実味」「なり手不足に対策求める声」。 このコラムで地方議会議員選挙、議員のなり手不足という話題に触れるのは何度目になるのか・・・。          地方紙の2面のトップ記事ということもあ […]

  • わが師逝く

    2019年10月7日

    私の短歌の師であり短歌結社「黄雞」の運営委員長の阿部京子先生が10月5日に他界された。 先生は2014年に齋藤茂吉文化賞を受賞されておられやましん歌壇の選者を長年(08~19年)務められている。 5年前のやましん歌壇への […]

  • 「内陸に及ぶ津波、東北に」の公表が延期されていた!

    2018年5月10日

    国の地震調査研究推進本部(地震本部)が太平洋沿岸に襲来する危険のある大津波が東北地方の内陸まで到達するとの長期評価を3.11の2日前に公表する予定だったという。 元原子力規制委員(島崎氏)が東電の旧経営陣3人の第11回公 […]

  • 高齢者免許返納という記事はメディア(特にTV)の喧伝では?

    2018年5月6日

    「高齢者免許返納で地方の社会 崩壊?」というシンクタンクが政策見直し提言という小さい記事を見つけた。 高齢ドライバーに一律に運転免許自主返納を求める政策を見直し、都市部以外では免許継続を支援すべきだーという提言をシンクタ […]

  • 地方紙の特集記事「東日本大震災7年」に思う

    2018年3月10日

    震災7年という節目からか地方紙の一面を使って特集が組まれその見出しは次のように構成されていた。 ①福島第1原発2号機 原子炉格納容器内部調査(イメージ) ②トリチウム水の扱いが課題に(2018年2月22日現在) ③各号機 […]

  • 福島県がセシウム濃度検査結果を発表したが・・・

    2018年1月16日

    第1原発事故後、県が沿岸海域で実施している魚介類の放射セシウム濃度検査で2017年に採取した全ての検体が国の基準値を下回ったという地方紙の記事。2016年に続いて2度目とある。結果操業自粛する海域も第1原発の半径20キロ […]

  • 宮本 輝の「約束の冬」を読む

    2018年1月11日

    宮本の著作としては平成15年発行の作品を図書館より借りて読んだ。 下巻にあった成程!と感じた文章を記す。 ・・・「不運な人も、幸運な人も、それを『運』ていうひとことで片づけたりするけど、その運は、なにか人智でははかりしれ […]

  • インスタ映え

    2017年12月26日

    地方紙のコラムのページの「時鐘」というコーナーに「インスタ映え」という記載記事があった。昨今「いいね」を求めてお金が動くのも当たり前のようだ。 フェークニュース、ポストトルース・・・他者に認めてほしい欲求は政治家の奢りや […]