写真を長年続けてきた私が「遊縁の衆」で短歌を嗜むようになり、短歌も写真もそれぞれ創るプロセスに共通点があることに気付いた。
そしてこの二つを融合させたら面白いと考えて「情景を切り撮って詠う」ということを試行しながら【 写真短歌 】として紹介している。
そのメリットは相乗効果と補完効果に尽きると思うが、短歌を独立した作品とする場合はその推敲に工夫が必要とも言える。
写真短歌の中の短歌は写真の呪縛から如何に自由になれるかが課題と言えるが・・・。
それはそれとして、この写真短歌の広がりに淡い期待を持っているのも事実と言える。
写真短歌-Ⅰ:短歌が“やましん歌壇”に「短歌」の単独作品として選歌掲載されたもの
写真短歌-Ⅱ:学生時代から現在までの写真に短歌を付与して写真短歌とした中から気に入っている作品

  • 山あいのオープンガーデン風そよぐ鮮やぐ初夏を妻と頒てり

  • 銀竜草朽葉押し分け株立てり過客を癒す山の辺の道

  • 山里の田舎芝居の幕の下り夜の帳に桜舞い散る

  • 千余段杖を頼りに登り来し人に応うる夕山紅葉

  • 山頂の標識に残る忘れ物サングラスに映る秋の白雲

  • 谷向こうに西日を受けて照るもみじ見つつ語らう老いの背ふたつ

  • 疾歩するハイカー独り馬の背の遥か彼方にはや秋の雲

  • 戦いの痕跡残る土塁脇鳥居の陰の群れ曼珠沙華

  • 高原の広場の隅に読書する人の傍らをアスリートら過ぐ

  • 高原の藪を掻き分け進む先叢れ咲く菖蒲に擦り傷忘る